ロゴ

播磨国風土記の里 加西

加西をめぐる、時代を翔る。

TOP > 播磨国風土記1300年祭

1300年祭リポート

「加西市播磨国風土記1300年祭」は、平成27年5月5日をもちまして、大盛況のうちに閉幕しました。多くの皆様にご参加いただきました誠にありがとうございました。
「1300年祭」記念事業はまだまだ続きますので、ご期待ください。

1日目(5月4日・祝)14:00~17:00@玉丘史跡公園

来場者:3500人
園内に特設能舞台を設置し、狂言師の野村萬斎さんが監修した新作狂言『根日女(ねひめ)』と、哲学者の梅原猛さんが書き下ろした新作能『針間(はりま)』を上演。また上演前には、加西市の伝統芸能も披露され、高円宮妃久子さまも観賞されました。

加西市伝統芸能

住吉神社龍王舞、東光寺田遊び・鬼追い

住吉神社龍王舞 東光寺田遊び・鬼追い

新作狂言『根日女』

出演者:野村萬斎、加西市こども狂言塾塾生他

新作狂言『根日女』 新作狂言『根日女』 新作狂言『根日女』 新作狂言『根日女』

新作能『針間』

出演者:大槻文蔵、梅若玄祥、観世銕之丞、藤田六郎兵衛他

新作能『針間』 新作能『針間』 新作能『針間』 新作能『針間』
2日目(5月5日・祝)10:00~17:00@玉丘史跡公園

来場者:11000人
加西市吹奏楽団によるオープニング演奏で開幕。お笑いコンビ「藤崎マーケット」「ギャロップ」のステージが始まると、会場の客席が埋まって賑わいました。また、北条高校放送部の2、3年生は同風土記に登場する「根日女伝承」を朗読。加西市音楽協会によるコーラスもステージに花を添えました。
その後、「加西市こども狂言塾」が狂言師の野村萬斎さん監修・指導の新作狂言『根日女』を披露。北海道在住の長嶋李菜さんと東京都在住の青蓮流華さんは、根日女伝承を題材にした加西市応援ソングをそれぞれ歌いました。
会場内には、播磨地域の飲食を楽しむるブースが軒を連ねたほか、同市内の地域活動団体も出店し、農産物等を販売しました。

  • 加西市吹奏楽団
    加西市吹奏楽団
  • 億計弘計太鼓
    億計弘計太鼓
  • 当日会場の様子
    当日会場の様子
  • はりまグルメフェア
    はりまグルメフェア
  • ゆるキャラによるPRステージ
    ゆるキャラによるPRステージ
  • ねっぴ~ダンスステージ
    ねっぴ~ダンスステージ
  • 藤崎マーケット
    藤崎マーケット
  • 北条高校放送部
    北条高校放送部
  • 加西市音楽協会
    加西市音楽協会
  • 加西市こども狂言塾
    加西市こども狂言塾
  • 加西市こども狂言塾
    加西市こども狂言塾
  • 加西市こども狂言塾
    加西市こども狂言塾
  • 加西市こども狂言塾
    加西市こども狂言塾
  • 青蓮流華さん
    青蓮流華さん
  • 長嶋李菜さん
    長嶋李菜さん

1300年祭とは?

日本最古の地誌である『播磨国風土記』が今年、編纂1300 年を迎えることから、加西市では、『播磨国風土記』に登場する根日女伝説の舞台である玉丘史跡公園において、「加西市播磨国風土記1300 年祭」を開催します。

<シンボルマーク>

シンボルマーク

日本の誇る歴史と風土が根付き張り巡らされているイメージをシンボル化しました。また、マークの中心には、『播磨国風土記』に記述のある根日女伝説の朝日夕日が隠れることなく照らし続ける土地として太陽を表現しています。
そして、太陽のまわりには、加西市を中心に、フラワーセンターなど市の象徴をあしらい、歴史は巡り、未来に繋げるという想いが込められています。


PR動画


PR動画ショートバージョン

こんな祭典です

伝統文化にふれよう(1日目・5月4日)

詳しくは>

兵庫県園芸・公園協会の移動式能舞台を会場に設け、
『播磨国風土記』を題材にした新作能・新作狂言の上演等

新作能イメージ 能舞台イメージ

こどもと一緒に楽しもう(2日目・5月5日)

詳しくは>

子どもから大人まで楽しめるイベントなど様々
はりまグルメフェア、ステージイベント、勾玉作り等のワークショップ、スタンプラリー等

グルメフェアイメージ ステージイベントイメージ

1300年祭概要

名称
加西市播磨国風土記1300年祭
主催
加西市播磨国風土記1300年祭実行委員会
会期
平成27 年5月4日(月・祝)~ 5月5日(火・祝)
5月4日(月・祝)雨天の場合は、加西市民会館にて実施。
5月5日(火・祝)少雨決行。荒天時中止。
場所
玉丘史跡公園(加西市玉丘町76)
テーマ
「伝えよう、未来への記(しる)し」

公式ガイドブック

加西市播磨国風土記1300年祭の公式ガイドブックが完成しました。

ホームページからもダウンロードできますので、是非ご覧ください。
(サムネイル画像をクリックするとPDFをダウンロードできます。)

表紙/裏表紙

表紙/裏表紙

P1/2

P1/2

P3/4

P3/4

P5/6

P5/6

P7/8

P7/8

P9/10

P9/10

一冊(全ページ)ダウンロード PDF

会場マップ

会場全体図【PDF】

アクセス・駐車場・シャトルバス

Googleマップでみる
中国自動車道 加西ICより約5分
山陽自動車道 加古川北ICより約20分
駐車場(無料)
①イオンモール加西北条
②加西市役所
③健康福祉会館
④東播瓦産業横
⑤JA 兵庫みらい
⑥アラジンスタジアム(加西球場)
※玉丘史跡公園の駐車場は、終日使用できません。
鉄道(北条町駅まで)
JR神戸線加古川駅下車後、JR加古川線乗換。
粟生駅下車後、北条鉄道乗換。北条町駅下車(JR加古川駅より50分)
北条町駅から
徒歩15分
シャトルバス(無料)
【Aルート】
①イオンモール加西北条前
②加西市役所前
③玉丘史跡公園
④加西市民会館前
⑤北条町駅
5月4日シャトルバス Aルート時刻表5月5日シャトルバス Aルート時刻表
【Bルート】
①アラジンスタジアム(加西球場)前
②JA兵庫みらい前
③玉丘史跡公園
5月4日シャトルバス Bルート時刻表5月5日シャトルバス Bルート時刻表

題字

三宅 羅山氏作「加西市播磨国風土記1300年祭」のロゴ

「加西市播磨国風土記1300年祭」のロゴは、加西市出身・在住で、日展書道家である三宅 羅山氏に揮毫していただきました。

揮毫者ご紹介

 揮毫者:三宅 羅山(みやけ らざん)氏
 加西市出身・在住。市内を中心に多方面にわたり活躍中。
 ・日展書道家
 ・書道研究「鐵心会」代表
 ・加西市書道文化協会会長
 ・加西市美術家協会理事

作者の言葉より

(今回、事務局から依頼を受けて)
「加西市播磨国風土記1300年祭」の懸垂幕用タイトル(20m)を羅山書院において、加西市長様をはじめ10数名の面前で、1300年祭という長い歴史を思い、全神経を集中させてパワー全開で一気に書き上げました。
 また、横断幕用タイトル(7m)は、1300年祭という歴史の重みを出すため、更にボリュームのあるタイトルを書きあげることができ、今は充実感で一杯です。
 今回、このような「加西市播磨国風土記1300年祭」の事業に参画できた慶びと企画関係者の皆様には深く感謝申し上げます。

能・狂言座席券の販売(終了致しました)

5月4日(祝)の新作狂言「根日女」と新作能「針間」の鑑賞には、有料座席券が必要です。 

申込期間平成27年3月17日(火)~4月7日(火)※消印有効
申込方法下記の①~⑤を記入の上、往復はがきで下記までお申込みください。
①住所(郵便番号)
②氏名(フリガナ)
③年齢
④電話番号
⑤購入席数(2席まで)
※1人往復はがき1枚まで(複数申込みをされた場合、2枚目以降無効)
※座席の指定は主催者による抽選で決定します。
※返信用はがきの表面に申込者の住所(郵便番号)、氏名を記載してください。
申込先(株)神戸新聞事業社内「加西市播磨国風土記1300年祭座席券係」
〒673-1431 兵庫県加東市社1386-8
TEL:0795-42-3326(平日9:00~17:00)
販売価格1,000円/席(税込)
販売席数700席
申込後の流れ①4月中旬に、応募者全員へ当落通知を郵送します。
②当選者は、指定日までに代金を指定口座へお振込ください。
 振込指定日を過ぎて入金が確認できない場合、当選は無効となります。
その他①応募多数の場合は抽選となります。
 当日券の販売はありませんが、無料鑑賞エリアがあります。
②雨天時は、加西市民会館で実施します。(但し、座席券がないと鑑賞できません。無料鑑賞エリアはありません。)

「加西市播磨国風土記1300年祭」一般協賛金の募集について(終了)

加西市播磨国風土記1300年祭実行委員会では、「加西市播磨国風土記1300年祭」の開催に向けて、百年に一度の祭典と位置づけ、これを成功させるため、市民の方々をはじめ、企業様や商店主様に協賛金の募集を実施しています。本事業の開催の趣旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

1.名称 「加西市播磨国風土記1300年祭」協賛金
2.募集期間 平成27年2月16日(月)~3月31日(火)
※期限後でも結構ですが、その場合は、プログラムにご芳名の掲載ができなくなりますのでご了承ください。
3.募集単位 市内外の企業及び団体・個人
4.募集金額 1口 1,000円。但し、何口でも可。
5.応募方法 申込書に必要事項を記入のうえFAXで送付してください。協賛金は下記の銀行口座へお振込みいただくか、または、直接事務局へご持参ください。
【振込先(市内金融機関8行)】  
銀行名 支店名 口座番号
三井住友銀行

北条支店

普 3958911

但馬銀行

加西支店

普 7143915

みなと銀行

加西支店

普 1622662

播州信用金庫

北条支店

普 0318283

兵庫県信用組合

加西支店

普 0835161

但陽信用金庫

加西支店

普 5191236

姫路信用金庫

加西支店

普 0127926

兵庫みらい農協

北条富田支店

普 0074602

[名義人] 加西市播磨国風土記1300年祭実行委員会 委員長 西村和平
6.特典・広告掲載 名称の公表
(1)当日の会場において名称を掲載した看板(1基程度)を設置します。(「一覧表形式」での掲載を予定)但し、10,000円以上の協賛者に限ります。
(2)当日の会場で配布する能狂言パンフレットに名称を掲載します。(「一覧表形式」での掲載を予定)但し、10,000円以上の協賛者に限ります。 また、30,000円以上の協賛企業及び団体(個人除く)については、希望に応じて社名・ロゴマークの掲載も可能です。
7.ロゴマークの
送付について
協賛金が30,000円以上の場合、当日会場で配布する能狂言のパンフレットに社名とロゴマークを掲載することができます。ご希望される場合は、下記の注意事項をご確認の上、送付してください。
(1)ロゴデータは下記の業者に直接メールで送付してください。
(2)ロゴデータはAdobe社イラストレータ・アウトライン(CS5以下)のデータでお願いいたします。
(3)送付先
 〒107-0062
 東京都港区南青山2-22-14 フォンテ青山205
 株式会社 情報技研  担当 長瀬
 メール BWA10042@nifty.com
8.協賛金の
お申込み
お問い合わせ先
加西市播磨国風土記1300年祭実行委員会
(事務局)〒675-2395 兵庫県加西市北条町横尾1000
加西市役所 播磨国風土記1300年事業推進室
電話 0790-42-8756  FAX 0790-42-8745
メール harima1300@city.kasai.lg.jp
協賛金申込書PDF 

50日前イベント「全国にとどけ!1300個の風船でつなぐ加西の夢」(終了)

「加西市播磨国風土記1300年祭」の50日前イベントをイオンモール加西北条で開催します。

イベント内容
イオンモール加西北条において、1300個のメッセージ入り風船を一斉に空へ放ち、メッセージを受け取ってくださった方からのお便りを1300年祭で披露します。
イベント当日に、メッセージを記入するワークショップブースをイオンモール内に設けるほか、バルーンアートパフォーマンス、播州あばれ太鼓の演奏、ねっぴ~ダンス等イベントも開催。

メッセージテーマ「加西のこんなところが好き!!」

メッセージ記入期間 平成27年2月28日(土)~3月15日(日)
開催日時 平成27年3月15日(日)11時~15時頃(少雨決行)
開催場所

イオンモール加西北条
北入口付近及びコスモスコート

スケジュール ●コスモスコート
  • 11:00~ ・メッセージワークショップ ・バルーンアート
●1F北入口付近
  • 13:00~ オープニング ・市長挨拶 ・播州あばれ太鼓
  • 13:20~ ねっぴ~ダンス
  • 13:35~ バルーンアート
  • 14:30~ みんなでバルーンリリース
※リリースに参加してくれた方には、1300年記念ボールペンをプレゼント。
参加費 無料
協力 加西商工会議所 青年部
50日前イベント メッセージ募集
「播磨国風土記1300年祭」50日前イベント チラシ

画像クリックでPDFファイルが開きます

新作能披露公演・梅原猛氏講演の開催(3/16開催)(終了致しました)

5月4日(月・祝)に開催する「加西市播磨国風土記1300年祭」において予定されている『播磨国風土記』を題材にした新作能『針間』の披露公演と作者の梅原猛氏の講演会を下記のとおり実施します。先着300名様を無料ご招待します。

日時
3月16日(月) 開場14時20分 開演15時 終了予定16時30分
場所
国立能楽堂(東京都渋谷区千駄ヶ谷4-18-1)
内容
15時
講演 梅原 猛 -牛飼いから帝になった二人の皇子の物語―
15時30分
解説 新作能『針間』  藤田六郎兵衛
16時
半能 『針間』 (新作能のハイライト部分をご覧いただきます)
[出演]
兄・おけ王(後の仁賢天皇) 大槻文蔵 
弟・をけ王(後の顕宗天皇) 大槻裕一
小盾(国司) 梅若玄祥   伊等尾(志染村の首) 福王和幸
地謡 観世銕之丞 ほか     
笛 藤田六郎兵衛   小鼓 田邊恭資   大鼓 山本哲也
申込み方法
下記のチラシをダウンロードして、ご記入いただきFAXでお申込みください。
FAX 0790-42-8745
締切
3月5日(木)17:00まで
新作能公演会案内チラシ

播磨国風土記1300年祭プレイベント「祭のはじまり」(終了致しました)

平成27年5月4日に開催する「播磨国風土記1300年祭」に向け、10月4日にプレイベントを玉丘史跡公園で開催します。芝生広場に特設したステージでは、能のレクチャー公演や加西市の伝統芸能を集めた公演を行います。
また、公園内には地域連携物産展として、飲食や物販ブースを設置します。

開催日時
平成26年10月4日 10:00 ~ 16:00
※雨天時は、ステージイベントのみ健康福祉会館で実施します。
 地域連携物産展は中止します。
開催場所
玉丘史跡公園
パンフレット
公式パンフレット能パンフレット
画像クリックでPDFファイルが開きます

シャトルバス・臨時駐車場

・10/4(土)のみ玉丘史跡公園の駐車場は、終日利用できません。
・シャトルバス、臨時駐車場ともに、無料です。

シャトルバス・バス停
イオンモール加西北条前
北条町駅
加西市役所前
加西球場前
JA兵庫みらい前
玉丘史跡公園前
臨時駐車場
①イオンモール加⻄北条
②加西市役所
③健康福祉会館
④東播瓦産業横
⑤JA兵庫みらい
シャトルバス乗り場
臨時駐車場地図
会場全体図 拡大
シャトルバスAルート時刻表シャトルバスBルート時刻表

■Aルート(北条町駅→イオンモール加西北条前→加西市役所前→玉丘史跡公園→加西市民会館前)
■Bルート(JA兵庫みらい前→アラジンスタジアム前→玉丘史跡公園前)

イベント内容

ステージイベント
10:00~
オープニングセレモニー/播州加西あばれ太鼓
10:15~
レクチャー公演「能にて候」
大槻文蔵さんと藤田六郎兵衛さんが能について、分かりやすく解説。能の謡「高砂」をマスターしましょう。
11:00~
記念講演「播磨国風土記と加西」
藤田六郎兵衛さんと光田和伸さんが対談
11:45~
半能「石橋(しゃっきょう)」
出演:大槻文蔵さん、藤田六郎兵衛さん、他
12:00~
こども狂言塾発表
塾生が日頃の練習の成果を披露
12:10~
伝統芸能祭
住吉神社龍王舞、網引獅子舞、播磨農業高校播州歌舞伎、東光寺田遊び・鬼追い
14:00~
わが街PRタイム
播磨地域の各市町・播磨地域のゆるキャラが登場。
14:30~
ご当地アイドルオンステージ
播磨地域を中心に県内で活躍するご当地アイドルによるステージパフォーマンス。
15:30~
ご当地アイドル特産品抽選会
播磨地域の特産品を抽選でプレゼント。

地域物産展「加西ふーど記」

地域物産展「加西ふーど記」の募集は終了しました

TOPに戻る