新作狂言「根日女」あらすじ

播磨国の賀毛の里の国造(くにのみやつこ)許麻(こま)には、美しくも不思議な力を持つ娘・根日女(ねひめ)がいた。噂を聞いた2人の皇子・意奚(おけ)と袁奚(をけ)は、志染の里から根日女に会いに来る。2人は、敵の間者ではないかと疑る父・許麻に囚われるが、根日女は2人を助け、2人の皇子は根日女に求婚する。しかし、互いに譲り合ううちに、皇子たちは都に戻る。皇子たちは再び根日女に会いに来るが時すでに遅し。根日女は病を得て帰らぬ人となった。根日目の亡骸を納めた墓は玉丘古墳と呼ばれ、その愛を今に伝える。