ロゴ

播磨国風土記の里 加西

加西をめぐる、時代を翔る。

TOP > 播磨国風土記1300年事業

実行委員会とプロジェクトチーム

実行委員会

加西市は、播磨国風土記に根日女の伝説の舞台である玉丘古墳、その他ゆかりの地も多数登場します。編纂1300年となる平成27年(2015年)に向けて、市民の皆さまと共に加西市全体で、播磨国風土記を学び、古代のふるさとを知ることで「ふるさと加西」に対する愛着や誇りを持ち、育むことを目指します。
この目的のもと、歴史ある1300年という節目を絶好の機会と捉えて、加西市の魅力を発信し、本市の認知度の向上と交流人口の拡大を図るため、「播磨国風土記1300年祭実行委員会」を立ち上げます。

プロジェクトチーム

播磨国風土記1300年記念事業について、より専門的な見地や幅広い世代からの提言を求め、市民と協働で事業推進を図るため、加西市播磨国風土記1300年祭プロジェクトチームを設置します。また、市役所内部においても、平成27年に向けた市全体としての取り組みとして、職員間の意識統一と様々なセクションから提案を求め、職員内にもプロジェクトチームを設置します。

位置付けと役割

事業基本コンセプト

事業基本コンセプト

古来の歴史、文化を学び、ふるさと加西に愛着と誇りを育む。

加西市の魅力を発信し、観光客の誘客を図る。

未来に向け、芸術文化の発展、地域の活性化を図る。

上記の三つを基本に、「地域や人々の絆の構築」や「ふるさと加西の活性化」につながる施策に
取り組みます。

事業基本コンセプト

上記の三つを基本に、「地域や人々の絆の構築」や「ふるさと加西の活性化」につながる施策に取り組みます。

1300年事業の時系列表示した計画全体図

事業スケジュール

事業スキーム

古来の歴史、文化を学び、
ふるさと加西に愛着と誇りを育む

・主に加西市民に向けたプログラムとして知られざる加西の歴史や、当たり前すぎて気づいていない文化などを掘り起こした体験型のプログラムやワークショップなどを計画。
・有識者の意見を活かした内容を構築。

加西市の魅力を発信し、
観光客の誘客を図る。

・主に加西市以外の地域の方々が、加西に来てみたくなるようなプログラムやコース、他にはないサービスなどを計画。
・市民の企画やアイデアを活かした内容を構築。

未来に向け、芸術文化の発展、
地域の活性化を図る。

・主に地域のこどもたちに向け、加西固有の芸術や文化に触れる機会を設け、新たな文化や芸術の土壌となるようなワークショップなどを計画
・市民ガイドの育成や共働等、地域の力や市民参画を促進

27年度の1300年祭本番開催まで、話題や関心が途切れないように定期的に行うにぎわいイベントや、常に視覚に入るツールなどの事業展開。

①PRイベント
・風土記の活用やカウントダウンイベント等
・メデ ィア向けプレビュー
②広報ツール
・広報グッズの作成

加西市民や加西の子供たち、また他市からの観光客に向けた「播磨国風土記」プログラムやイベントを通して、加西の幅広い文化的な魅力を感じて頂く事業展開。

①体験プログラム
・加西既存の自然の恵みや文化を、風土記と絡めながら体験頂くプログラムを開発し、加西ファンを広げる展開。
②ワークショップ
・地域の子供たちを対象とした狂言などの伝統芸能ワークショップや加西の新鮮食材を使った伝統料理など、地域性を絡め、未来へ繋がる展開。

加西市内の「播磨国風土記・発見マップ」を作成、加西市内を風土記に絡めながらめぐって頂く中で、加西の自然や食、暮らしなどの様々な魅力を見つけて頂く事業展開。

①自転車でめぐる
・自転車専用道路を使ったルート紹介
・各所でレンタサイクルができるレンタルサイクル展開。
②北条鉄道でめぐる
・テーマパークならぬテーマステーションを各駅で展開。ローカル鉄道ブームを加速させる「素敵な駅」展開。
③自転車+北条鉄道でめぐる
・北条鉄道に折りたたみ自転車を持ち込み、双方で楽しむサイクルトレイン展開。

上記各内容を平成25年度から展開し、機運を高め、27年度に本番を迎える。

「加西市播磨国風土記1300年祭」 開催

開催期間:平成27年5月/会場:玉丘公園内芝生広場

① 「記念式典」(仮称)
② 「薪能」(仮称)
③ 「加西喝采!ふるさと市」(仮称)

事業スキームはPCサイトからご覧ください。

地域活動支援事業

平成27年(2015年)に播磨国風土記編纂1300年を迎えるのに合わせ、市民との協働によるまちづくりを推進し、加西市の魅力づくりやPR活動、地域活性化を目的として、播磨国風土記1300年祭事業を盛り上げる自主活動を行う市民団体に対して、当実行委員会が経費の一部を助成しています。

対象団体
自治会・NPO法人・愛好者団体など、市内に住所を有する団体
対象事業
播磨国風土記1300年祭事業を盛り上げるために、加西市内で実施される参加型事業で、次のいずれかに該当する事業とします。
(1)歴史、伝統文化を再発見し、啓発する事業
(2)子どもたちの郷土学習に寄与する事業
(3)風土記ゆかりの地を広くPRする事業
(4)加西市の魅力を発信し、観光客の誘客を図る事業
(5)新たな加西市の文化・魅力・特産物を創造する事業
(6)未来に向け、新しい芸術文化を萌芽させる事業
(7)国際交流の促進に寄与する事業  
・・・などの事業を対象とします。
助成額
10~15万円 (風土記新規事業)
3~5万円 (既存の活動に風土記事業をプラスした場合)
手続きの流れ
①事業実施30日前までに申請してください。
②実行委員会で審査のうえ、事業実施前に交付決定が通知されます。
③事業実施後30日以内に実績報告をしてください。
④実行委員会で審査のうえ、補助金が交付されます。
様式ダウンロード
助成概要ダウンロード【PDF】助成要綱ダウンロード【PDF】
助成事業申請書ダウンロード【PDF】助成金請求書ダウンロード【PDF】
実績報告書ダウンロード【PDF】
Word形式ご希望の場合は、メールからお問い合わせください。
申込み・お問い合わせ
加西市ふるさと創造部 播磨国風土記1300 年事業推進室
電 話:0790-42-8756 メール:harima1300@city.kasai.lg.jp
地域連携事業 平成25年度実績はこちら

はっぴとのぼり旗の貸出

加西市播磨国風土記1300年祭実行委員会では、広く風土記事業を広めてもらうため、市内の活動団体または個人で活動されているイベント等に対して、播磨国風土記1300年記念事業の広報物品(はっぴ・のぼり旗セット)の貸出を行います。

はっぴ のぼり
貸出条件
下記のイベントを実施する団体で所在地が加西市にあること。
  1. 自治会のイベント・・・町内のまつり等
  2. 育成会のイベント・・・子ども会のまつり等
  3. 学校行事・・・運動会、文化祭 等
  4. 各種イベント・・・市内外で実施されるイベント
  5. その他・・・実行委員長が認めるイベント
使用料
無料
注意事項
  • 事前に電話にて在庫の確認をしてください。
  • 申請書に必要事項をご記入の上、下記事務所まで郵送または持参ください。
    申請書ダウンロード
    ※Word形式ご希望の場合は、メールからお問い合わせください。
  • はっぴはクリーニングまたは洗濯して返却してください。
  • 万が一、紛失、破損等があった場合は、借用者が弁償してください。
  • 借用物品の使用に伴い、他人へ損害を生じさせた場合、借用者の責任とします。
お申込・お問い合わせ
加西市播磨国風土記1300年事業推進室
電話:0790-42-8756 メール:harima1300@city.kasai.lg.jp

風土記連携事業

加西市やその他地域で行われているイベント、または風土記関連のイベントと連携し、PRブースの設置や関連グッズの販売をすることで、加西市の播磨国風土記記念事業の広報活動を行っています。

平成26年度活動内容
日時 事業名 連携内容
4月1日 加西の酒で乾杯を推進する条例の施行記念セレモニー
「加西の酒で春を愛でる会」
主催 加西市
場所 フラワーセンターのレストラン内フルーリ
PRタイム出演
4月6日 第2回さくらまつり
主催 宇仁郷まちづくり協議会
場所 宇仁小校
風土記講座の開催
はっぴ、のぼり旗の貸出
5月17日・18日 播州フェスティバル
主催 播州Festival実行委員会
場所 ひまわりの丘公園
PRブース出展
5月31日・6月1日 高砂市制60周年記念事業「ご当地博」
主催 ご当地博実行委員会
場所 高砂市陸上競技場
PRブース出展
6月14日 ひょうご県内キャラクター総選挙
表彰式&ふれあいフェスタ
主催 神戸新聞社
場所 神戸ハーバーランド スペースシアター
PRブース出展
平成25年度実績はこちら

風土記サポーター

平成27年(2015年)に日本最古の地誌である播磨国風土記が編纂1300年を迎えるのに合わせ、加西市では「播磨国風土記1300年祭」を開催します。開催にあたり、自らの地域への関心と思いを寄せるふるさと意識の醸成および、地域全体での取組みの輪を広げるため、加西市播磨国風土記1300年祭に協力いただけるサポーターを募集します。(登録費無料)

募集チラシ【PDF】募集要項【PDF】制度要綱【PDF】
サポーターの種類
  • 団体サポーター
  • 個人サポーター
応募条件
  • 団体サポーター
    メールでの連絡が可能な風土記1300年祭記念事業に賛同・協力いただける市内の企業、飲食店、法人、団体等。
  • 個人サポーター
    高校生以上の個人で、メールでの連絡が可能な風土記1300年祭記念事業に賛同・協力いただける個人。
    ※居住地の限定はありません。
サポーターの活動内容
(役割)
  • 団体サポーター
    ①従業員等に対する風土記1300年祭記念事業の周知
    ②敷地内での風土記1300年祭のぼり旗の掲揚および管理
    ③風土記1300年祭記念事業に関する情報の発信(SNSなど)
    ④風土記1300年祭記念事業に関するイベント等への団体参加
    ⑤その他、風土記1300年祭記念事業に関すること
  • 個人サポーター
    ①風土記1300年祭記念事業に関する情報の発信(SNSなど)
    ②風土記1300年祭記念事業に関するイベント等への参加
    ③その他、風土記1300年祭記念事業に関すること

※両サポーターとも活動は無償であり、交通費等の支給はありません。

サポーター特典
【両サポーター共通】
  • オリジナル車体マグネットの進呈

根日女伝説をテーマにしたマンガ本の製作者で加西市出身の人気漫画家・ななじ眺(ながむ)さんデザインによるマグネットシート(15cm×12cm)をプレゼント。
(サポーター登録者限定です。)

【団体サポーター】
  • 団体等の名称をホームページにて掲載
  • 風土記1300年祭のぼり旗の無料貸出
(ポール、ポール台は含みません)
募集・登録活動期間
  • 募集期間:平成26年7月1日(火)~平成27年3月31日(火)(随時申込み)
  • 登録・活動期間:登録日~平成27年5月31日
様式ダウンロード
登録申請書(団体用)【Word】登録申請用(個人用)【Word】登録変更届(団体用)【Word】登録変更届(個人用)【Word】登録取消届(団体用)【Word】登録取消届(個人用)【Word】
提出方法・問合先
(事務局)
郵送、FAX、メールにて受付けます。
〒675-2395 加西市北条町横尾1000 加西市播磨国風土記1300年事業推進室
TEL:0790-42-8756 FAX:0790-42-8745
メール:harima1300@city.kasai.lg.jp

団体サポーター 一覧(50音順)

私たちは、「播磨国風土記1300年祭」を応援しています。

企業・団体名 業種 住所
安富建具製作所 建設業 加西市畑町26
アリエスシステムソリューション 情報通信業 加西市北条町東南227-4
有限会社古角工作所 軽量食品容器製造 加西市西横田町998-6
JOYあおやま 衣料小売業 加西市北条町古坂5-13
高井製菓 菓子食品卸 加西市北条町西高室550-1
株式会社チャーリーブラウン 衣料小売業 加西市北条町栗田1
友井商機株式会社 金物卸売業 加西市西笠原町44-1
Dream Tools Sengoku - 加西市別所町237-3
株式会社中野石材 石材業 加西市北条町横尾642
NPO法人向日葵 NPO 加西市鶉野町170-4
兵庫県芸術家協会 芸術団体 明石市和坂1-9-3
ふじわら制服 小売業 加西市北条町横尾263-3
別所工作所 金属加工業 加西市越水町136-1
報恩寺 宗教法人 加西市玉丘町615
ボーイスカウト加西第1団 青少年育成団体 加西市北条町東南227-4
ボニータ 衣料小売業 加西市北条町北条1146
有限会社松尾電気 電気工事業 加西市北条町東高室706-1
村田製作所 製造業 加西市西長町1038
メガネランドハラダ 小売業 加西市北条町横尾1-16-7

TOPに戻る